人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
ニューヨークニックス終了
c0032016_23584877.gif


「ニックス今期終了。」

正直、最初から、そんな気はしていたのですが、本当になってしまうと、モヤモヤが、イライラと、してきまして…。

今季のニックスは前期と後期に分けられるわけで、もちろん、それはトレード前と、トレード後なのでありますが。

もちろん、前期のニックスにも問題はありましたが、しかし後期のニックスは「優勝争いをするため」の大放出トレードだったわけですから、プレーオフで負けたとしても、それなりの強さは証明しなければいけなかった「はず」なんですよね。

チャウンシー師匠が欠場したのが「戦犯」の1つなのかもしれませんが、最初にバーター扱したニックスに責める権利はなし。
アマレが怪我をしたのがスイープされた原因かもしれません。
メロが結局レブロンじゃなかったのも、トレードでベンチに誰もいなくなってしまったのも、ハナから分かっていたことですし。ニックスファンも受け入れて応援しているわけです。

結局は、正直このモヤモヤが何なのかと言うと
「トレード劇の真実を知りたい。」
わけです。

いまさら?と思われるかもしれませんが「これしかないんです。」モヤモヤの原因は。

GMウォルシュ氏の本当の戦術はどーだったのか?
そして、それが、どー変化していったのか?
あれだけサラリーキャップを改善し、ニックスを健康な状態にしたウォルシュ氏が、本当にこーいう金の使い方をしたかったのか?
オーナードランやアイザイアのウワサはどこまでが事実で、ウォルシュ氏の戦略の妨げになってしまったのか?
とか、知りたいわけなんです。

その経緯が納得できれば、それでいーわけなんですよ。

誰か、説明してくれないかな。
[PR]
by hoopnba | 2011-04-26 00:50 | ●イラスト入りストーリー


<< ホーネッツ&グリズリーズとニックス ニューオリンズ2-2タイ >>