人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
ブルックリンメロ
c0032016_1324172.gif


「ブルックリンネッツ初代フランチャイズプレーヤー」かも

「(ぶっちゃけ)都会でプレーしたい。」メロの願いが極めて近い状態で叶うかもしれない、今回の4チームトレード案。
基本的にデンバーサイドが首を縦に振れば成立する状況だといわれています。

[ネッツ]は結構思い切っている。メロを獲得する代わりに、デヴィンハリスをボブキャッツに放出。ジェイソンキッドとのトレードで一流PGの仲間入りをしたと勘違いしてしまったデヴィンハリスを受け入れてくれるのはありがたい。エイヴリーHCもあっさりと。ハリスにしてもラリー先生の元、勉強できるチャンス。しかもライバルはDJオーガスティンなのだからスターターの可能性大。
ちょいとイタいのがドラフト3位指名のデリックフェーバースをデンバーに放出すること。未知数のルーキーとメロと比較するまでもなかったか。
さらにイタいのがドラフト1巡目指名権を1つではなくて何個かデンバーに差し上げるよーである。

[ジャズ]はキリレンコをデンバーに放出。いずれ放出されるとウワサされ続けていただけに、ジャズにとっては想定内。代わりにボブキャッツからボリスディアウをいただく。ディアウはボブキャッツで十分機能しなかったのだが、ジャズだとオモシロいかも。

[ボブキャッツ]はディアウを放出し、デヴィンハリスをいただく。ハリスが機能すればフェルトンの穴は埋まる。可もなく不可もなく。

[ナゲッツ]ですが、メロは「デンバーはもういやじゃー。」となってしまっているのですから、もうどーしよーもない。今シーズンはキリレンコとフェーバースでなんとかするしかない。大将チャウンシーがかなり頑張ってチームをコントロールするしかないでしょう。で、結局はドラフト指名権を使って若返りをしていくわけですね。ここ数年、ある意味チームとしてはピークだったわけで、それでもレーカーズ越えは出来なかったのですから、ルーキーを育ててさらに強いチームを目指すしかないでしょう。

で、ニュージャージーネッツはブルックリンに来るわけですから、ニックスじゃないけど、ニューヨークに帰ってこれて、願ったり叶ったり、しかも「初代フランチャイズプレーヤー」という球団史に名も残せる。
[PR]
by hoopnba | 2010-09-25 13:41 | ●イラスト入りストーリー | Comments(2)
Commented by dai-11 at 2010-09-25 20:38 x
お世話になってます。

この状況だと進んでしまいそうですかねー。もう少しトレード選手の追加があるとかないとか?
ネッツはメロとロペスに加えて来年CP3がきてビック3できたら万々歳ですね。ニックス涙目ですけど。
Commented by hoopnba at 2010-09-26 00:41
dai-11さん、ども。どーなりますかねー。わたしはとにかくデンバーには今シーズンもプレーオフに行ってほしいですねー。


<< ブルックリンメロ2 アイバーソン中国入り難航 >>