人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
NBA開幕

セルティックス95-89キャブス
KG13ポイント、10リバウンド、1スティール、3ブロックの大復活。このまま安定したら1巡目指名並みのクオリティー。
ピアース23ポイント、11リバウンド、1スティール、1ブロック。リバウンドはたまたまでしょう。
ロンドが10アシスト、3スティールしています。KGが完全に復活すればロンドのポイントは落ちるでしょうが、逆に彼のFT%の悪さが回避される可能性もありますね。
逆にキャブスは想定外のレブロン一人芝居みたいですねー。基本シャックにしないとこれから先面倒なことになりそーです。アンソニーパーカ−が2/3P、1スティール、2ブロックしていますから 、ファンタジー的には相変わらず使い勝手が良さそうです。


ウィザーズ102-91マブス
新生サンダースウィザーズのお披露目は大成功でした。スピードで完全に圧倒していました。アリーナス29ポイント、9アシストはすばらしい。ジェイミソンが帰ってくればもっと強くなる可能性もあります。オベルトがスターターでしたがブラッチェが20ポイント、7リバウンド、1スティール、2ブロックの活躍。昨シーズンまでなら調子の浮き沈みが激しくゲームにも使ってくれたりくれなかったりしていたので信用は出来なかったのですが、サンダースによって起用法が変わればスリーパーかもしれませんね。
マブスはスロースタートなんでしょう。そう思いたいですね。


ロケッツ87-96ブレーザーズ
期待のCスコラがファールトラブルで何も出来なかったですねー。PGアーロンブルックスは8/17ですから、あれだけシュート回数があれば、スリーパーで間違いないでしょう。 アシストをそれほど必要としないファンタジーオーナーなら取った方がいいですね。ヤオとTマックの離脱で前評判の高かったバティエはどこまで行ってもいつものバティエでしたね。彼は縁の下の力持ちが好きなんでしょう。私もそう思って放出したのですがファンタジー的には活躍してくれなくてホッとしています。
ブレーザーズのオデンが10リバウンド、5ブロックしていますが、7ターンオーバーしているので、ボストンのパーキンスと同じで、最後にターンオーバー数でファンタジーオーナーを苦しめることになるかもしれませんね。
どちらもスタートが良くなかったみたいなので参考にはならないですけど。


クリッパーズ92-99レーカーズ
いままで見た事もないような盛大なオープニングのチャンピョンリング贈呈式でした。
今年のコービーはシーズンMVP狙ってますね。33ポイント、8リバウンド、4アシスト、4スティール、1ブロック、FG%もFT%も完璧。 総合的にみてレブロンと互角でしょう。ドラフトで敬遠されていたオドムがプレシーズンと全く同じ活躍をしています。バイナムがいても変わらないスタッツはファンタジーオーナーはうれしいでしょうねー。バイナムも26ポイント、13リバウンドの大活躍ですが、彼は怪我の心配がまだありますね。
グリフィンを失ったクリッパーズですが、大健闘でしょう。グリフィンのおかげでプレーヤーの意識が変わっているようです。ケイマンが大復活してますねー。18ポイント、16リバウンド。それとクリッパーズは数字には現れていませんが、バロンではなくてエリックゴードンがゲームを仕切っていましたねー。 バロンもあれだけシュートが入らないのでは話になりません。





まだ1ゲームなので、なんとも言えませんが、3試合でも見ればチームの全貌が明らかになりそうな気がします。

上記のような内容をこれから[hoop&kennyのファンタジーリーガーズ]に掲載していきます。興味のあるかたは[hoop&kenny]も購読よろしくお願いします。
[PR]
by hoopnba | 2009-10-28 23:30 | ●ニュースブレーカーズ | Comments(0)


<< ブルズ対スパーズ グリフィン亀裂骨折 >>