人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
ヤオ事情
c0032016_4341964.gif


「ポッキーヤオ。」

2005-2006: 左足骨折
2006-2007: 右足骨折で32ゲーム欠場
2007-2008: 左足疲労骨折でプレーオフ欠場
2008-2009: 左足亀裂骨折でプレーオフLAL戦途中から欠場

もはや恒例行事となった「ヤオの欠場」。

まあ、それも計算に入れればよいのかもしれないが、それどころではない状況。

ヤオさんの亀裂骨折が12週間経過しているのに、いっこうに直る気配がないらしい。
痛みも腫れもないらしい。それどころか明日にでもリハビリ始めたいぐらい絶好調らしい。
が、CTスキャンをすれば、全く完治してないと出る。

現在、追加手術をするかどーか検討中で、それをやっちゃうと来シーズンに間に合わなくなるかもしれないらしい。

ヒューストンのもう一人の「欠場常連さん」は膝の手術&リハビリが終了するのに、来シーズンの半ばまでかかる見込み。

ヤオとTマックで総額約$40ミリオン。一方スコラ、ブルックス、ランドリー、ロウリー、ウェファー、ヘイズ達は、$1〜3.5ミリオンと超格安。バティエは$7ミリオン。

Tマックは来シーズンで終了(半分は欠場の見込み)、ヤオは2010-2011はプレーヤーオプションなので怪我が直らなくても、オプトインすれば$17ミリオン。プレーしなくてもチャイニーズマネーがガッツリ入ってくるならアリかもしれないが、ヤオファンにロケッツファンはいそーにないので、微妙。Tマックにとっては若いのに厳しい将来、ヤオにとってはNBAライフの崖っぷちになりそーです。

そんな2人をよそに、ロケッツ側はというと、$40ミリオンの2人がいないパターンの戦術はキッチリと出来上がっていて、さらに、そこそこ強い。賢く補強すればファイナルまでいけるんじゃないかぐらいの勢い。
さらに2011年になったらサラリーキャップに巨大な大穴が空くわけですから、ちょいと嬉しい。
[PR]
by hoopnba | 2009-06-30 23:16 | ●イラスト入りストーリー


<< ピストンズHCクビ ブーザーの去就 >>