人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
レーカーズ対ナゲッツ第4戦
「ナゲッツ、リバウンドを制す。」

オフェンスリバウンド9のレーカーズに対してナゲッツはなんと20。セカンドチャンスをものにしたナゲッツが120-101と19点差でレーカーズに勝利し2勝2敗のタイに持ち込んだ。

メロは体調がとても悪いらしくハーフタイム前にロッカールームに下がり点滴をして後半出場した。
メロの代わりに活躍したのが、ホームに戻って目の前のモヤがとれたJRスミスが24ポイント。
バードマンは14リバウンド、Kマートは15リバウンド、ネネは13リバウンドとゴール下を制したナゲッツ。

今日のレーカーズは相変わらずバイナムが大ブレーキ、オドムもブレーキ。かなり疲労のたまってそうなガゾルだけではどーもこーもできなかった。後、ベンチプレーヤーが全くディフェンスできていませんでした。

さて第5戦はLA。レーカーズも当然勝ちたいだろうが、どちらかというとナゲッツの正念場である。
[PR]
by hoopnba | 2009-05-26 13:20 | ●ニュースブレーカーズ


<< キャブス対マジック第4戦 キャブス対マジック第3戦 >>