人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
セルティックス対マジック最終戦速報
「3ポイント 61.9%」

第1クオーター、マジックなかなか軽快なディフェンスでスタート&レイファーが好調のよーでPGとして良いリズムを作り出している。がボストンはそれほどアセってはいない。アレンとミシェラン茶のキレが良い。ラストミニッツにピアースからレイファーがスティールしピートラスの3Pが決まり27-17で、こちらも10点差。最後の3Pはかなり大きい。

第2クオーター、それほどの強さでもないボストンのセカンドユニットに対して今日のマジックはピートラス、ゴータットが意外に活躍する。しかしレイファーの今日2度目の浅はかなアリウープ失敗パスでボストンをヘルプ。1度目は速攻余裕の1対3でパス失敗。さらにハワードが痛恨の3ファール。あれれっロケッツのよーになってきたマジック。45-38でハーフタイム。

第3クオーター、ディフェンスの修正に成功したボストンが徐々にリズムをつかみだし、点差を縮めてくるが、ミラクルに近いFG%よりも遥かに高い56%の3P成功率で焦る気持ちを落ち着かせる事ができているマジック。2P打つぐらいなら3P打った方が入るなんて見た事ない。66-61。

それよりも今日のTNTのスポンサーが、ミシェランとは、あっちもミシェラン茶だと思っていたのか。

第4クオーター、ラストスパートで一気に突き放しにかかるマジックが開始2分で13点差にする。さらに突き放し81-65の今日最大の16点差。しかしラスト8分を残してハグキが痛恨の5ファール。
今日は、あのプレーオフ大ブレーキのターコルーが絶好調すでに10アシスト。ボストンファンの気持ちがやや折れかけています。コート上もロンド以外の動きが鈍くなり、ロンド1人でゲームを好転させよーとしていますが、ラスト6分切ってロンド痛恨の5ファール。CのゴータットとFのラシャードにロンドがファールしなければいけないのだから、もう後の4人は何やってんだという感じでしょう。
しかしラスト5分切って、ボストンが最後の気力を振り絞り出しました。速攻からアレンの3Pで12点差。これで反撃かと思われた矢先にターコルー今日4本目の3Pがグサッっとボストンに刺さりました。何せ今日は19本中12本3Pが入っているのですからハンパないマジック。

ラスト3分切って、なんと21点差。ボストンは遂にピアースをベンチに下げる。ボストンのシーズンはセミファイナルで終わりました。

マーブリーのセコい作戦も終わりました。&マーブリー黄金伝説達成。
[PR]
by hoopnba | 2009-05-18 09:23 | ●ニュースブレーカーズ


<< バークリー爆弾発言 レーカーズ対ロケッツ最終戦速報 >>