人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
レーカーズ対ロケッツ最終戦速報
「残念な最終戦でした。」

第1クオーターで、スタートダッシュに成功したのはホームのレーカーズ。ロケッツは一番大事なチームの要スコラの開始早々のファールと、まさかのガゾルにブロックされたシュートで完全にリズムを崩す。さらに、元々たいしたシュート力のないロンロンがエアボールしさらに悪化。開始2分で8-0と大きく引き離したレーカーズ。しかしロケッツもスコアレスだったが、レーカーズの猛攻になんとか絶え、10点差で第1クオーターを終了。

第2クオーターに入ってレーカーズはセカンドユニット。ファーマーのオフェンシブファールだのウォルトンのファールなどでロケッツはリズムを取り戻すチャンスがあったにも関わらず、相変わらずシュートが入らず。チャックヘイズはフリースローライン付近でいつもボールをもらう。誰もディフェンスしないがシュートは打たない。もちろん入らない確立が高いからだが、どーせ誰も入らないのだからワイドオープンで1本でもシュートは入りさえすれば、レーカーズのリズムを少し変えれたかもしれないのだが。結局バティエが痛恨の3ファールで万事休す。ハーフ終わって20点差。これをひっくり返すのはミラクルに近い。

第3クオーター&最終クオーター。書くことなし。というか書く気も起こらず。見る方もダラダラ。ヤオも思いっきりアクビしてました。「君がアクビするなよ。」とは思いましたが。

もっとオモシロいゲームになると思って録画までしていたのですが、ロケッツが残念なだけでなく、逆にレーカーズがスゴかったのか、と言われれば、かなり雑なゲームだったとしかいーよーがない。

結局は最初の8分でゲームオーバーでした。

レーカーズもこんなゲームしかできないんだったら、チャウンシーがいるデンバーが勝つのではないのか、とかなり思ってしまいました。
[PR]
by hoopnba | 2009-05-18 05:04 | ●ニュースブレーカーズ


<< セルティックス対マジック最終戦速報 hoopnba投票 / レーカ... >>