人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
CP3トリプルダブル
c0032016_2339584.gif


「怪物くん。」

タイソンチャンドラーなし、相棒デヴィッドウエストなし。残された戦力はペジャと助っ人ポージー。
で不調とはいえ決して弱くはないシクサーズを相手に勝ったニューオリンズ・ホーネッツ。

27ポイント、10リバウンド、15アシスト。+7スティール。シクサーズPGアンドレミラーを抑え、さらにトリプルダブルでチームを勝利へ導く。

チームメイトのサポート力のありフィジカルでも恵まれているキングよりも、非常に困難な事をCP3はやってのけているのではないかと、思ったりもするのである。
[PR]
by hoopnba | 2009-01-28 00:40 | ●イラスト入りストーリー | Comments(14)
Commented by GOKUH at 2009-01-28 11:22 x
FTの差で何とか勝ち続けてるって印象ですね。
チャンドラーもピークは一昨年だったのかなあという感じ、強豪なんでしょうがどうにもしんどいチームですね。
3ptが充実してるのが唯一の救いでしょうか。
Commented by billups at 2009-01-28 16:28 x
こいつは怪物です…
自分で点を取りつつ味方も生かすとは…
Commented by ジョン・ダーウィン at 2009-01-28 18:35 x
もし宜しければ下記のサイトと相互リンクして頂けませんでしょうか?
ご検討よろしくお願い致します。
Commented by Bobbie at 2009-01-29 00:45 x
かっこいいですね~!
彼のような精神的に強い選手を見るのが大好きです。
でもNBATVがないので、この試合は見れませんでした・・・ハイライトで我慢しますね・・・
Commented by ryukyu87 at 2009-01-29 22:28 x
タイミングのずらし方、緩急のつけ方がめちゃすごいです。
ゴール下の密集地帯をわがもの顔でボールキープしている場面を
よく目にします。しかも、常にベストのショット、パスをだせるように準備してます、スゲー。
Commented by k_mac at 2009-01-30 08:58 x
ホーネッツは今シーズンは最初から勝ち続けるのではと思ったんですが、怪我が多いせいか去年程の勢いが感じられないですね~でも彼には関係ないといったとこでしょうか。
若干去年よりTOが多い以外はプレーがグレードアップしてますね、巧いなあーっていつも思わされます。

彼のプレー見てると思わず声が出たりするんですが、最近レブロンを見てても「まあレブロンだし。」って思うようになってしまいました。
コービーやAIには「おー、これはスゴイって。」思えるのですが・・・やっぱ彼は体が恵まれすぎてるのか今シーズンの活躍を見てても特に感想がでないんですよね。凄すぎるからですかね?
Commented by JW at 2009-02-02 22:40 x
多分CPは、チームと自分を常にどのタイミングが良いかを狙ってるかなと。そしてDの裏をかく、フレンチガードとの対決は、面白いです。見たことないのでこれから楽しみです。
Commented by hoopnba at 2009-02-08 14:59
GOKUHさん、ども。若干足引っ張るプレーヤーがいるのがこのチームの悩みでしょうねー。ディフェンスだけしてくれればいいのにねー。
Commented by hoopnba at 2009-02-08 15:00
billupsさん、ども。おっしゃる通りです。
Commented by hoopnba at 2009-02-08 15:02
ジョン・ダーウィンさん、ども。いいですよ。そちらの相互リンクが出来次第、こちらもします。
Commented by hoopnba at 2009-02-08 15:03
Bobbieさん、ども。ドラフト時にどーやって見分けるんでしょーねー。
Commented by hoopnba at 2009-02-08 15:04
ryukyu87さん、ども。おっしゃる通り、素晴らしい技術と判断力ですよねー。
Commented by hoopnba at 2009-02-08 15:08
k_macさん、ども。殿とかカーターは美しいフォームでシュートする事にもこだわってますよね。それに比べてキングはそのあたりの見せ方がイマイチなんですよね。ただ生で見たらもう人間の動きを越えてますよ。
Commented by hoopnba at 2009-02-08 15:09
jwさん、ども。なんにしても2000年以降CP3より素晴らしいPGはいないですね。今の所。


<< ニックス対ホークス アランゾモーニング引退 >>